成人型アトピーと子供のアトピーの違いとは

成人型アトピーとは

幼少期だけではなく、成人してからアトピーを発症したり、幼少期に治ったはずのアトピーが再発したりする人は少なくないです。ここでは、アトピーがどのような病気なのか、どういった症状が出るのかなどを説明していきます。

成人型アトピーに関するQ&A

成人型アトピーとはどのような病気なのでしょうか?
肌が乾燥してバリア機能が低下するとアトピーを発症してしまいますが、子供の頃のように元々弱いバリア機能が成長と共に強くなりにくいのが大人のアトピー性皮膚炎です。また、子供の頃はアトピーになると周囲の環境を整えてくれたり、食べるものを配慮してくれたりする親がいたため、自然治癒することが多いですが、大人になると自分で生活環境や食生活を管理する必要が出てきます。日常生活に潜んでいるさまざまな障害によって大人のアトピー性皮膚炎になる人が増えているのです。
成人型アトピーの主な症状を教えてください。
成人型アトピーを発症すると「カサカサと肌が乾燥する」、「強いかゆみ」、「皮膚がごわごわと厚くなって硬くなる」といったものが見られます。成人型アトピーには強烈なかゆみがあること、目のまわりや首などだけ赤い、顔に症状が集中するといった特徴があります。乾燥肌や敏感肌と間違える人もいますが、症状をしっかりと把握しておくことで確認しやすくなるでしょう。成人型アトピーの場合、突然発症するケースが多い傾向にあるので注意が必要です。
肌が荒れているようなのですがこれって成人型アトピーなのでしょうか?
成人型アトピーとよく似た症状がある皮膚患者には、刺激によってかぶれる接触性皮膚炎や、ぶつぶつと強いかゆみが出る単純性痒疹、サメ肌の魚鱗癬や老人に多い皮脂欠乏性湿疹などがあります。こうした皮膚患者とアトピー性皮膚炎の違いはなんとなくわかっても、はっきりとさせることは難しいでしょう。成人型アトピーだと思っていても、別の病気の可能性もあります。まずは皮膚科を受診して、血液検査や皮膚テストを行なうことをおすすめします。

アトピー性皮膚炎の仕組み

人間の体はある一定の状態を保つ必要があり、それを内部環境の恒常性といいます。アトピーもその機能の一部で、生命を維持するために体にアトピーの症状が出てきます。肌が弱い人の場合、優先的に代謝物を肌から排出されていきます。子供の頃にアトピーが治っても、大人になって受験や就職、生活環境の変化によるストレスがきっかけで再発することがあります。この場合、子供の頃から低下している能力の問題が改善されていないことが原因で、環境の変化が引き金となっているのです。

成人型アトピーの悩み

平日は仕事があるのでなかなか皮膚科に行くことができない(20代/女性/派遣社員)

私は幼い頃からアトピー性皮膚炎を患っており、今でも症状が出ています。顔にも症状が出ているのでアトピーだとひと目でわかる肌状態です。平日は仕事で中々皮膚科に行くことができず、どうするべきかと悩んでいましたが、アトピーに理解ある上司のおかげで病院に通いながら仕事を続けることができました。

会社に行く際に肌荒れを隠すのが大変(20代/女性/営業事務)

私の場合、頬や口、顎周りと顔を中心にアトピーが出ていたため、かなり悩んでいました。メイクでは綺麗に隠しきれない部分もあり、接客業ではないので今ではマスクをして出社するようにしています。マスクをしていると「風邪引いてるの?」と聞かれてしまうのですが、その際は「アレルギーが酷くて皮膚が敏感で、埃や花粉で荒れてしまうんです」と答えています。

成人型アトピーと子供のアトピー

成人型アトピーと子供のアトピーの違いがかわらない人もいるでしょう。アトピーは子供の病気というイメージを持つ人もいますが、ここではそれぞれの特徴について説明していきます。

成人型アトピーと子供のアトピーはどう違うのか

子供のアトピー
子供のアトピーの場合、乳幼児期は顔や頭に湿疹やぶつぶつができやすいです。小児時期だとひじの内側やひざの裏側にできやすく、乾燥やかゆみが目立つようになります。子供アトピーは遺伝因子からの影響が大きく、成長するにつれて症状が軽くなる傾向があるため、大人になると治るケースが多いです。
成人型アトピー
成人型アトピーは、顔や額、首といった上半身を中心に湿疹や乾燥がひどくなります。ストレスや生活習慣の乱れで発症したり再発したりするので遺伝子因子ではなく、環境因子の影響が大きいのも特徴です。環境の変化や過度なストレスによって大人になってからアトピーを発症した場合、ストレスの原因が仕事に関係していることもあって治療が難しいケースもあります。内服薬や外用薬を使用して治療を行ないますが、成人型アトピーの場合だと外用薬の濃度が高くなります。

成人型アトピーを改善に導くアプローチ

成人型アトピーによってストレスや悩みを抱えている人は多いでしょう。ここでは改善に導く方法を紹介していきます。

成人型アトピーを良くするヒント

アトピー性皮膚炎の治療の3本柱(皮膚科医)

子供のアトピーと成人型アトピーでは症状や症状の出やすい場所に違いはあるものの、肌のバリア機能が低下して肌が乾燥したり刺激に敏感になったりすることで、アレルギー反応を起こすことは共通しています。アトピーの症状を良くするには、「外用薬や内服薬の使用」、「保湿ケアでバリア機能の回復」、「悪用因子を遠ざける日常生活」の3本柱が必要です。子供も大人も改善への基本的なアプローチ方法は変わりませんが、成人型アトピーにはそれ相応の対策方法もあります。

成人型に限らずアトピーそのものを根治させる特効薬は存在しない(皮膚科医)

アトピーの治療で使用される薬にはステロイド外用薬やタクロリムス外用薬などの塗り薬や飲み薬がありますが、どれもアトピーそのものを治す薬ではありません。あくまでかゆみを止めたり炎症を緩和させたりすることを目的としています。炎症やかゆみを鎮めて症状をコントロールしていくことが、アトピーの治療になります。

成人型アトピーの治療がよく分かるサイト

成人型アトピーに関する治療やアプローチは色々あります。さらに詳しく紹介されているサイトを見ることにより、自分の症状に合わせた対処法を見つけることができるかもしれません。

TOPボタン